「日々荒野」ツアー#11 北千住パフォーマンス(フォトレポート)

ソケリッサ!東京近郊路上ダンス「日々荒野」ツアー#11 北千住パフォーマンス、山川冬樹さんとの共演。それぞれの伝達手段の出会い、原始的な衝突のような強さを持ち、稽古を含め鼓舞され続け若返った身体はいつも以上に飛んで転んで痺れる、唯一無二の創造の時間でした。 メンバーとのソロでの対峙の折、山川さんは演奏中、そこに踊る相手の名前を幾度か呼ぶ。それは表層的なもので無く、まぎれなく個の命に向けた深層へ囁く声でした。生み出すもの、音、会話、日々常に命に眼が向いている人。 また今回は会場仕込みにとても時間を要する公演でありました。会場使用1日というタイトな時間組の中で仕込みから本番まで終えた事、ツアースタッフの力量の凄さを痛感しました。 ソケリッサ!の成長は出会いと取り囲む環境によるものだと思います。 (写真:河原剛さん)

マンスリー会員・カード振込のご寄付案内