新作公演、終えました。ありがとうございました!

アオキ

新作公演、終えました! 100名を超える、たくさんの方にお越しいただきました。宣伝、置きチラシのご協力に心より感謝をいたします。近隣遠方、希望していた様々な生活環境の方が一同に会す機会となりました。終了後、川崎の路上生活のおじさんたちの、「わしらもやりたい。」の言葉、これはとにかく嬉しいです。踊って口説くは今回の目的の一つでした。次へとつながります。私にとってダンスはどう転んでも日常の延長ではありますが、ダンスという純度を大切にするためには、日常生活への思惑や感傷的な思いなどは一切持たず、純粋に参加メンバーを観察し、淡々とその身体からどんな動きが生まれるのかを常に興味とし、披露を目指し全体を繋ぎひとつの形へと作り上げます。そのうえで公演という機会において、我々に関わる方々、来て頂いた観客の皆さんそれぞれの生活、仕事環境による視点により、作品に広がりが生まれるように思っています。今回は多様なカテゴリーからの視点でトークを行えたこともとても意味のある時間であったと感じています。 ソケリッサ!活動近況の中、久々に自主公演という形で、ビッグイシューと協力して企画、制作からひとつひとつ進んで行きました。改めて裏方の方、サポートの方々の重みを体感しました。また一つ今後への大きな後押しとなった機会だと感じています。支出の多い室内公演においての投げ銭形式という状況でしたが、各方面の方々協力金、観客の方々の昨日の対価はありがたいことに必要経費の収入ラインに至る金額となりました。又なによりはみなさんそれぞれの価値での判断をしていただいたことがとても伝わり、配布した封筒に想定外のたくさんの書き込みがあり、胸熱くなる贈り物となりました。 応援、ご協力、心より感謝をいたします。皆さんありがとうございました。         アオキ裕キ